風俗で完全拒否される

気持ちと風俗の関係

風俗に行けばストレス解消になったり開放感を得られるのは事実です。だからストレスが溜まっている時や閉塞感がある時に利用するのも一つの手だと思いますけど、一方で自分の気持ちに余裕がある時もまた、それはそれでとっても楽しいものなんですよ。あんまり深く考えるのではなくて、自分の楽しみたいように楽しめる。これだけでも相当大きなメリットなんじゃないのかなって思うんですよね。だから風俗で遊ぶ時には、当然ですが自分自身どうするのかってことを考えながら遊ぶようにしています。そうじゃないと勿体ないなと。ただ、こればかりは本当にその日の気分によっても変わるんですよね(笑)風俗というよりも性欲って気まぐれじゃないですか。どんな気分になるのか自分では分からないだけに、どういった気持ちになるのかということも自分なりにしっかりと考えたいんですよ。まぁ100%完璧に予想出来るわけではないんですけど、ある程度は考えないとですよね。

じゃあどうしようって話ですよ

混んでいる時ってどこも混みあうものじゃないですか。これは風俗だけの話ではないですよね。遊びたいって思えるタイミングや、実際に遊べるタイミングは結局は似てしまうってことなんでしょうね。それだけに、風俗でも遊ぼうかなって時に限って物凄く混んでいるケースもありますけど、そんな時でもピンサロだけは回転率の速さのおかげでそこまでじゃないかなって思いますけどね。。これはまさにピンサロだからこそのメリットです。そもそも、ピンサロはコース設定が短いじゃないですか。30分とか、もしくはそれ以下の所もあります。つまりは並ぶ時間も短くなるってことですよね。待合室にそれなりに人がいるとしても、あれよあれよと呼ばれていくので、気付いたらすぐに自分の出番になっているってケースも珍しくないんです。そこもある意味ではピンサロの特徴だと思うので、休前日で給料日でとか、混む要素が重なっている時にはピンサロで済ますケースも結構多いんですよ。