風俗で完全拒否される

彼女、「分かっている」なと

彼女は男のことをよく分かっている風俗嬢だなと、かなり早い段階で察知しました。激しさはないんです。じっくり攻めてくれるんですけど、これこそ男が望んでいるものじゃないですか(笑)初っ端から、さも「早くイってくれ」と言わんばかりに激しく攻められても、残念ながら男はそうそう簡単には発射なんて出来ないですよね。むしろじっくり攻められた方が案外短時間で発射するものなんです。急がば回れじゃないですけど、男の快感だってスイッチじゃないんです。いきなり激しくされてもかえって気分が乗らないケースもありますけど、彼女はそのことをよく分かっている子で、激しさはほとんど見せず、途中までかなりじっくり攻めてくれる風俗嬢でした。そして徐々にペースを上げていってくれたんですけど、ペースを上げるタイミングも上手だったんです。どのタイミングでペースを上げるのかによって、男の気持ちもまた、変わってくるものですけど、そこもばっちりでしたよ。

微乳でも頑張っていましたしね

巨乳好きの自分が、まさか微乳風俗嬢と楽しむことになるとは思いもしませんでした。指名したんです。ホームページを見る限り、巨乳とまでは言いませんけど、それなりにあるなって思ったんですけど、どうやらかなり盛っていたようですね(笑)実際の彼女は微乳…というか、まぁ言葉は悪ですけど貧乳と言った方が良い風俗嬢かもしれません(苦笑)それでも満足出来ました。なぜなら、彼女は微乳ではありましたけど頑張ってくれました。むしろ巨乳風俗嬢よりも武器が一つ少ないってことを他の誰よりも自覚しているんでしょうね。だからか、胸を武器にはしませんでしたけど、それ以外に関してはとっても熱心だし、常にこちらに笑顔で接したりと、胸以外の部分は百点満点を上げても良いかなって思いましたね。きっと彼女自身が一番微乳であることを気にしているんだろうなって思ったら、そんな彼女が可愛らしく思えたので、思った以上に感情移入しちゃったんですよね。