風俗で完全拒否される

こだわるのは風俗だけだからこそ

ここまでこだわりを持っているのは風俗だけだと思います(笑)だからこそ譲れない部分もありますし、好奇心が出る部分もあるんですよね。仕事とかはこだわりが無いのでどうでも良いというか、自分で「こうしたい」とか「ああした方が良いんじゃないか」とかはないんです。どうせそんなものを持ったところで上司にあれこれ言われて終わるだけです。それならそんな気持ちを持たずに適当に流しておくくらいでいいんですよ。それよりも、自分のこだわりを形にすることが出来る風俗で遊んだ方がよっぽど建設的なんじゃないのかなって思うので、風俗で遊ぶときにはいろんな細かいこだわりを持って楽しませてもらっています(笑)女の子のスタイル一つだけでもかなりこだわりますよ。Cカップ以下は却下とか(笑)スタイルだけで判断することは、日常生活ではご法度だと思いますけど風俗では出来るんです。こういったこだわりを持って女の子を選ぶのも楽しいものですしね。

まずはやっぱり「一歩目」です

まずは一歩目を踏み出すことが大切ですけど、風俗で遊んだことが無い人が一歩目を踏み出すのは、分からないこともあって不安もあると思うんです。それはよく分かる話ですけど、あまり緊張する必要もないかなとは思いますけどね(笑)それこそ温浴施設でマッサージを依頼するのと、そんなに変わらないんじゃないかなって思っています(笑)女の子との時間そのものよりも、風俗店に行くとか、デリヘルに電話する方がハードルが高いんじゃないですかね。でも、これもそんなに意識するようなことではないですよ。なぜなら、風俗の業者側は一日に数多くのお客を相手にしているんです。つまり、お客の存在なんて珍しくもなんともないので、いろいろなお客がいるってくらいにしか思っていません。だから、まじまじと「なんで利用するんですか」とか「お客さんの求めるものはなんですか?」なんて野暮なことは聞いてこないですよ(笑)お客はお客。それ以上でもそれ以下でもないんです。